肝臓アカンぞ〜!
お問い合わせリンク肝臓アカンぞ〜!

肝硬変

肝臓の特徴とも言うべき再生能力は、大変強いものです。しかし、この再生能力にも弱点があり、弱点をつく形で進行していく病気があるのです。それが肝硬変です。ここでは、肝硬変の症状や原因、進行するとどのような病気を併発することになるのかなどの情報を紹介していきます。

肝硬変とは

肝硬変は、その名の通り「肝臓が硬く変化する」病気です。具体的には、肝臓を構成している柔らかい細胞組織が繊維状の組織に置き換えられていき、肝臓本来の機能が低下していく病気です。

原因

肝硬変の原因は、肝臓の再生能力にあるといえます。他の臓器にはない、その再生能力は傷ついた組織をリフレッシュさせ肝臓全体の機能を恒常的に維持しています。しかし、病気や生活の乱れなどで再生した細胞がすぐに傷ついてしまう状況にあると、再生と破壊が繰り返されて肝細胞が硬くなっていきます。繰り返し破壊と再生が行われていくと、肝細胞は硬化して繊維状の組織を形成していきます。繊維化した肝臓組織は機能が完全に失われているため肝機能の低下を招きます。

肝硬変を引き起こす病気

肝硬変の原因となる病気としては、ウィルス性の肝炎が良く知られていますが、ウィルスや細菌の侵入を防ぐ免疫系が守るべき身体を傷つけることで起こる自己免疫疾患からの合併症や、日本住血吸虫の寄生が原因となる日本住血吸虫病なども肝硬変を引き起こす原因になります。近年ではいわゆる「メタボリックシンドローム」が脂肪性肝炎を起こし、肝硬変を招く原因になっているのではないかと見られています。

症状

肝硬変の症状は、繊維化が進行するまで表面化しないことがほとんどです。初期症状としては食欲不振や倦怠感、体重の減少などを伴いますが「ダイエットに成功した」と勘違いしやすいものが多いのが厄介なところです。このように病状が水面下で進行し、初期症状が見られる時期を「代償期」といいます。病状が進行し、繊維化が進んでくると「非代償期」に突入します。非代償期に入ると、肝機能の低下が表面化し黄疸や腹水、食道動脈瘤や全身の倦怠感といった肝臓病特有の症状が見られるようになります。肝硬変を患っている人のお腹には、静脈が胸まで放射状に浮かび上がっていることがあります。これを医学的には「メデューサの頭」と表現します。

症状の悪化

肝硬変の症状が悪化すると、因果関係はまだ定かではないのですが肝臓がんに発展する場合があります。正常な細胞ががん細胞化する理由の一つには「破壊された遺伝子で細胞が新生される」ことがあるので、肝硬変で傷ついた細胞が再生しようとしてがん細胞化が発生するためと考えられています。

肝硬変の治療法

肝硬変は、代償期と非代償期で治療方針が大きく変わります。

代償期の治療法

代償期の由来は、肝硬変を起こしている肝細胞の機能を正常な肝細胞が機能を肩代わりしていることにあります。つまり、代償期における治療は正常な細胞の機能を活かすことであるといえます。基本的には規則正しい生活と、栄養やビタミンをしっかり摂れる食事メニューで対応することになります。

非代償期の治療法

非代償期に入ると、肝細胞の繊維化が進行しているため薬や食事療法では治療できなくなります。血中のアンモニア濃度を下げるなどの対症療法が主になり、場合によっては肝臓の移植手術が行われることになります。しかし、移植手術には臓器の適合性や提供者の有無や生存率などのハードルが幾つもあるため、簡単に出来るわけではないという難点を抱えています。現在、研究が進められているのは「骨髄細胞の自己移植による肝細胞再生」という技術です。骨髄細胞には、肝細胞に変化する幹細胞が含まれており患者自身から採取した骨髄細胞を肝臓に自己移植することで肝細胞を再生させるのです。この技術は、肝硬変の重症患者にも効果があり、繊維化した肝組織が再生したという報告がある非常に将来性のある治療法として注目されています。

肝臓
<a href="http://kanzoakanzo.com/" target="_blank"><img src="http://kanzoakanzo.com/img/banner.gif" alt="肝臓" width="88" height="31" border="0"></a>

肝臓アカンぞ〜!

<a href="http://kanzoakanzo.com/" target="_blank">肝臓アカンぞ〜!</a>

広告掲載